2017年06月08日

【速報】福岡母子殺人事件 被害者の夫・父親の現役警察官が殺人容疑で逮捕。顔写真も公開。

福岡県小郡市の民家で住人の中田由紀子さん(38)ら母子3人が殺害された事件で、
福岡県警は8日、3人のうち由紀子さんを殺害した容疑で、
夫で県警通信指令課の巡査部長・中田充宇容疑者(38)を逮捕した。

殺害現場の状況など不可解なことが多すぎた殺人事件だったが、
疑われる余地が多すぎた現役警察官の夫が逮捕という衝撃的な結末を迎えてしまった。

0608-2.jpg

スポンサーリンク




現場の状況証拠からも明白に

現場の遺留物の鑑定などから、県警は夫が由紀子さん殺害に関与した疑いが
強まったと判断した。
遺体に付着した微物を鑑定したとみられる。

事件では、6日午前9時10分ごろ、小郡市小板井の民家1階の台所で
由紀子さん(38)の遺体が、2階寝室で小学4年の長男涼介君(9)と
小学1年の長女実優さん(6)の遺体が見つかった。

県警は当初、現場の状況に加え、夫が「妻は育児に悩んでいた」などと
説明したことから無理心中と判断していた。
しかし、子ども2人の首に絞められた痕があり、死因は窒息死で、
由紀子さんも首を圧迫されたことによる窒息死だったことが判明。
さらに妻の由紀子さんの首の骨にまで被害は至っていた。
県警は殺人事件と断定し、捜査本部を設置した。

司法解剖の結果、由紀子さんは6日午前0時から午前9時ごろまでの間に、
子ども2人は同日午前0時から同5時ごろまでの間に死亡したとみられる。

夫は県警に対し、家を6日午前6時45分ごろ出たが、
「3人は寝ていた」と話していた。

前日は仕事は休みで、親子4人で一緒に寝たとも説明していた。
しかし、死亡推定時刻に基づけば、出勤前に子ども2人は既に死亡していたことになり、
現場の状況と食い違うことから、県警は夫の事情聴取を続けていた。

スポンサーリンク




おわりに

ネット上では、当初から父親が犯人ではと言われていた。
さらに、第1発見者である亡くなった妻の姉も共犯ではないかとまで噂されている。

様々な現場を知り尽くしているであろう現役警察官による残酷な事件に周辺住民ならず、
ショックを感じる。

「仲の良い家族でした」

周辺に住む方のそんな言葉が、あまりにも非現実的な響きに聞こえてしまい、
まるでドラマを見ているかのような現実に言葉を失ってしまう。

動機など今後の事件の続報がキニナル。

《父親の写真》
0608-1.jpg

スポンサーリンク




posted by matsuko at 18:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする